慰謝料など損害賠償

交通事故に遭ってしまったとき、損害賠償を請求出来ることになります。

もしも、あなたが人身事故の被害者となってしまったとき、加害者に対して請求出来る権利です。しかし、おおかた、そのような権利を行使した方っていないのではないでしょうか。

まず、損害賠償について知ることが大事ですし、請求しなければ相手が勝手に支払いをしてくれるようなタイプのものではありません。あなたが人身事故の被害者となったとき、自動車損害賠償保障法 3 条民法 709 条 の不法行為によって、加害者に対して、損害賠償請求することが出来ます。

そのとき、どのような損害賠償請求かということを更に追求する必要があります。治療費などの積極損害というものが請求出来、更に、仕事を休んだ分の損害などの消極損害請求が出来、次に請求出来るものは、精神的・肉体的苦痛に対する損害である慰謝料であり、次には、壊された物に対する損害を請求することが出来る物損請求があります。

おおまかに言えば、この4つの請求を合わせて、私達は、損害賠償請求の金額という言い方をします。積極損害とは、交通事故で怪我をしたりして、病院で治療を受けたりすることになり、時として、入院しなければならないシーンに遭遇してしまうこともあるかもしれません。そのとき、被害者は、今まで支払いをした費用、診察費用や治療費用、リハビリ費用、手術費用、入院費用、更に入院雑費用などを請求することが出来ます。

弁護士のメリット

関連リンク...アディーレ法律事務所 - 交通事故被害者慰謝料

投稿日: