• Home 後遺障害 慰謝料

後遺障害 慰謝料

次に、交通事故に遭った人たちは、基本、消極損害を請求することが出来ます。積極請求に対し消極損害とはなんなのでしょうか。それは事故に遭わなければ被害者が本来得られたはずと予測することが出来る利益に対して請求することが出来る権利について言います。

例えば、もしも交通事故に遭わないのなら、パートやアルバイトにも出ることが出来て、その分収入を得ることが出来たはずです。休業損害や、障害に対する慰謝料や逸失利益などがあり、後遺障害慰謝料というのは、病院に通院して治療をし続けても、どうしても治らないものがあり、交通事故では、 痛みのある神経症状が残るケースが多いとも言います。

傷跡が残ってしまったり、腕や足が曲がらなかったりという場合、医師がこれ以上、改善方向へ向かうのは難しいと判断した場合、治療をストップ(症状固定)して、後遺障害という判断をしていくことになります。そして、交通事故に遭った人たちは、後遺障害に対して、慰謝料を請求することが出来るようになります。

後遺障害と言っても、さまざまな階級に分かれていて、やっぱり素人目にはなかなか難しい問題を抱えています。まずは、あなたがどの等級に該当するかを決める必要があります。