• Home You are currently viewing the category: 未分類

弁護士のメリット

次に慰謝料が何かということを、交通事故に遭ってしまった人たちは追求しなければなりません。交通事故に遭い、既に相当頭が混乱しているというのに、プラスして、判らない法律の問題と関わっていくこと自体が相当のストレスと感じることがあります。やっぱり、難しい法律の問題は、弁護士に相談して正し答えを求めるべきではないでしょうか……。

慰謝料とは、ズバリ交通事故による怪我によって、被害者が受けた精神的や肉体的な苦痛に対する補償のことを言います。そして、被害者が死亡したことによって、被害者の遺族が受けた 精神的・肉体的苦痛もここに含まれて来ます。

果たして慰謝料はどのような基準で決められているのでしょうか。慰謝料には、自賠責基準(自賠責保険による慰謝料基準)と任意保険基準(任意保険による慰謝料基準)と弁護士基準(裁判をした場合の基準)いう3つの基準があります。

ここにも、弁護士に相談した方がメリットある部分が含まれています。弁護士基準とは、被害者の代わりに弁護士が交渉をし、決定される賠償額の基準のことを言います。弁護士とは、裁判で戦う力を持っている人たちですが、弁護士は、裁判をしないでも、それだけの力を持っているものとして、示談の話しを進行することが出来ます。


後遺障害 慰謝料

次に、交通事故に遭った人たちは、基本、消極損害を請求することが出来ます。積極請求に対し消極損害とはなんなのでしょうか。それは事故に遭わなければ被害者が本来得られたはずと予測することが出来る利益に対して請求することが出来る権利について言います。

例えば、もしも交通事故に遭わないのなら、パートやアルバイトにも出ることが出来て、その分収入を得ることが出来たはずです。休業損害や、障害に対する慰謝料や逸失利益などがあり、後遺障害慰謝料というのは、病院に通院して治療をし続けても、どうしても治らないものがあり、交通事故では、 痛みのある神経症状が残るケースが多いとも言います。

傷跡が残ってしまったり、腕や足が曲がらなかったりという場合、医師がこれ以上、改善方向へ向かうのは難しいと判断した場合、治療をストップ(症状固定)して、後遺障害という判断をしていくことになります。そして、交通事故に遭った人たちは、後遺障害に対して、慰謝料を請求することが出来るようになります。

後遺障害と言っても、さまざまな階級に分かれていて、やっぱり素人目にはなかなか難しい問題を抱えています。まずは、あなたがどの等級に該当するかを決める必要があります。


慰謝料など損害賠償

交通事故に遭ってしまったとき、損害賠償を請求出来ることになります。もしも、あなたが人身事故の被害者となってしまったとき、加害者に対して請求出来る権利です。しかし、おおかた、そのような権利を行使した方っていないのではないでしょうか。

まず、損害賠償について知ることが大事ですし、請求しなければ相手が勝手に支払いをしてくれるようなタイプのものではありません。

あなたが人身事故の被害者となったとき、自動車損害賠償保障法 3 条民法 709 条 の不法行為によって、加害者に対して、損害賠償請求することが出来ます。そのとき、どのような損害賠償請求かということを更に追求する必要があります。

治療費などの積極損害というものが請求出来、更に、仕事を休んだ分の損害などの消極損害請求が出来、次に請求出来るものは、精神的・肉体的苦痛に対する損害である慰謝料であり、次には、壊された物に対する損害を請求することが出来る物損請求があります。おおまかに言えば、この4つの請求を合わせて、私達は、損害賠償請求の金額という言い方をします。

積極損害とは、交通事故で怪我をしたりして、病院で治療を受けたりすることになり、時として、入院しなければならないシーンに遭遇してしまうこともあるかもしれません。そのとき、被害者は、今まで支払いをした費用、診察費用や治療費用、リハビリ費用、手術費用、入院費用、更に入院雑費用などを請求することが出来ます。