• Home 弁護士のメリット

弁護士のメリット

次に慰謝料が何かということを、交通事故に遭ってしまった人たちは追求しなければなりません。交通事故に遭い、既に相当頭が混乱しているというのに、プラスして、判らない法律の問題と関わっていくこと自体が相当のストレスと感じることがあります。やっぱり、難しい法律の問題は、弁護士に相談して正し答えを求めるべきではないでしょうか……。

慰謝料とは、ズバリ交通事故による怪我によって、被害者が受けた精神的や肉体的な苦痛に対する補償のことを言います。そして、被害者が死亡したことによって、被害者の遺族が受けた 精神的・肉体的苦痛もここに含まれて来ます。

果たして慰謝料はどのような基準で決められているのでしょうか。慰謝料には、自賠責基準(自賠責保険による慰謝料基準)と任意保険基準(任意保険による慰謝料基準)と弁護士基準(裁判をした場合の基準)いう3つの基準があります。

ここにも、弁護士に相談した方がメリットある部分が含まれています。弁護士基準とは、被害者の代わりに弁護士が交渉をし、決定される賠償額の基準のことを言います。弁護士とは、裁判で戦う力を持っている人たちですが、弁護士は、裁判をしないでも、それだけの力を持っているものとして、示談の話しを進行することが出来ます。